廃車のふたつの区別

廃車のふたつの区別


新着情報

◎2017/10/12

廃車基準は走行距離で決める?
の情報を更新しました。

◎2017/6/12

廃車手続きの必要書類
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

再ニーズがあります
の情報を更新しました。

「車 走行距離」
に関連するツイート
Twitter

平均時速50kmのが2時間走ったときの走行距離は何kmでしょう 「なおタイヤの直径は40cmで、走行音は50dBとする」 みたいな全く意味のない数字付きの計算問題会社のテストで出したら正当率ぼっろぼろで笑う

走行距離で税金とるのは賛成。 ただし、ガソリン税廃止にした場合の話。 ガソリン税のかからない電気自動から走行税とるなら分かるよ~ これから電気自動増えたり、低燃費輌増え、あげくには高齢化で免許返納して国が税金確保できなくなるからしかたないのは分かるけど、、、

走行距離20万キロの軽... ある程度のメンテしてたら普通に走破しちゃう日本、、、 youtu.be/zR6qkF0UCMY #過走行

ん、マジかちょっと走行距離はかさんでるが状態良さそうなディーラー整備ワンオーナー物あるじゃん。でも何故かディーラー公式の中古ページに無い

Twitterふぉるごれ@ちなお前@folgore_MC

返信 リツイート 35分前

おっと?会社に帰って来たら質問?詰問?尋問? 一昨日の出来事根掘り葉掘り聞かれるんだが?何回同じ説明せなあかんのかな… 社用のエンジントラブルなんか何回聞かれても原因なんか分かるわけないでしょうに… 走行距離考えて?そろそろ来る頃合いだよ?(*´・ω・`)=3 とりあえず旅費請求して帰る!!

返信先:@fxi9ttSrGrL5Hnx他1人 走行税って申告するんでしょうか? それとも、いちいち水道や電気みたいに走行距離を一台ずつ見にくるんでしょうか⁉️教えてください。

返信先:@canicat 現役タイガーは走行距離10万キロ超えで売却してもほぼ値段つかないと思いますので、もう手放さないと思います😅 このまま乗り潰します😇 NEWタイガーの試乗、はよ🐯

返信先:@fxi9ttSrGrL5Hnx 走行距離数万kmの見て「うわっ、もう数万も乗ってるw」とか言ってる連中には数十万km乗ってる田舎のベンツと呼ばれる軽トラの性能は分からんのです( ̄^ ̄)

返信先:@jh0eya うお〜ソロソロ走行距離抜かれそうですよ〜 普段別のなのでw

返信先:@yakinikutohoppy このに限ってかも知れませんが、サスの異音やゴリゴリ感があります。走行距離は、8万キロくらいです。

Twitterローリーひでぽ@jf6lmp

返信 リツイート 8:06


中古車を選ぶ時の理想の走行距離

中古車を選ぶ時の理想の走行距離 中古車を購入する時、多くの人が走行距離を気にすることでしょう。
少しでも少ないほうが状態が良い、と思われがちです。
確かに相場から見ても、距離が少ないほうが高くなりますので、コンディションは良いと言えるでしょう。
しかしものには限度というものがありますので、一概に少なければ良い、というわけではありません。
年式とのバランスが重要であり、登録が古いのに極端に距離が短いというのも考えものです。
車は機械ですから、定期的に動かしているほうがむしろコンディションは良いとも言えます。
動かすことを前提につくられている機械は、動かさなければ逆に状態が悪くなります。
車の場合、1年で1万キロ程度走ることを想定してつくられています。
3年落ちなら3万キロ、5年落ちなら5万キロ程度の走行距離が理想というわけです。
走行距離が極端に少なければ、短距離ばかりのちょい乗りというエンジンに負担がかかる乗り方をされていた可能性があります。

車は燃費だけでなく乗り心地も大事

最近はエコブームもあって燃費を車選びの重要な基準にする人が多くなりました。
確かに燃費が違えばガソリン代が変わってきますし、二酸化炭素の排出量も少なくて済みます。
経済的で環境にも良いとなると、重視するのも当然でしょう。
排気ガスの量を極力抑え、地球環境を守ることはドライバーの義務でもあります。
しかし、ドライブには走行性能や乗り心地、居住性の良さも欠かせません。
こだわりのあるドライバーであれば、単に走れば良いとは思わないでしょう。
乗り心地は乗ってみなければわかりませんので、車を購入するなら試乗してから決めるのが基本です。
主観的でも良いので、心地よいと感じたものを選ぶのが良いでしょう。
試乗するにも限界がありますので、構造から推測することも重要です。
乗り心地を推測する1つの方法として、タイヤのインチを見る、という手があります。
インチが小さければ、タイヤに厚みがありますので、振動が少なく心地よいと言えるでしょう。


ページトップへ