廃車のふたつの区別

廃車のふたつの区別


新着情報

◎2017/10/12

廃車基準は走行距離で決める?
の情報を更新しました。

◎2017/6/12

廃車手続きの必要書類
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

再ニーズがあります
の情報を更新しました。

「車 オーナー」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Gentherapie 自分がこないだ出くわしたのは男性でしたが女性も危うい運転する人が多いですよね 自体は悪くないんですがオーナーの印象がどうもって感じです

Twitterじぇみに™@2020年代突入@BB62NewJersey

返信 リツイート 13分前

ピアッツァのターボに長く乗ってるオーナーが経験するエキマニ割れ(特に黄印のところで割れる) 数年前まで普通に新品が出たけど、とうとう出なくなったという情報が 鋳物で修理が困難な部品なので、健全な中古を見つけたら保護しましょう pic.twitter.com/jyqRW9DmWN

返信先:@nogimaruuuu 左のオーナーの方の方がオタクですよ… pic.twitter.com/sWo3TFnPFs

返信先:@keroshi_3150 1度お会いしたフォロワーさんとかでも顔と名前が一致しなかったりとかがあるので凄く大変なんですよね😂今回のオフ会でも数名不安がありましたが完全に一致できました😏 けろさんのは特徴的ですし早くオーナーさんを見つけなければ🤭

TwitterBLITZ神 ちゃちゃ@tyatya_zc33s

返信 リツイート 26分前

RT @fumicho_supra: 本日のふみ横は「FC3S」の登場!✨ 外も中もバリバリに決まったFCはなんと女性オーナーさん💁‍♀️ の厳つさとオーナーさんのまったり具合のギャップがすごい😂✨ ぜひYouTubeでそのギャップに驚いてください🤗 オーナー👉@FC…

Twitterkazukiʕ•̫͡•ʔ@xxx_over7

返信 リツイート 38分前

RT @sato_kimono: 中小オーナーみたいな横領の末、3ヶ月で復帰ですよ。こんな企業に「着物は日本文化!」とか言われても、ちゃんちゃらおかしいわ。と思うのは私だけでしょうか… 「高級の維持」などに1億円を流用した日本和装元社長、会長として辞任後3カ月で復帰 htt…

返信先:@kiiiiiikyun 自分の中では相当熱い観光地ですw ああいう妙なところ好きなんですよねw と違ってオーナーは存在感皆無ですがよろしくです・ω・!

なんか他人と違うことして得意げになってるけどかわいそう こんなオーナーに巡り会うとか運がなかったんやなって

Twitterエクストリームキャルまいてつ抹茶@SSkakino_mattya

返信 リツイート 51分前

フォルクスワーゲン ビートル タイプⅠ ワンオーナー 空冷エンジン 記録簿 広島店取り扱い詳細|フジカーズジャパン fujicars.jp/detail/1909752…

近所の中古屋の裏にあった下取りだったんだけど 1.8L 5MT ワンオーナーで距離はちょっと走ってるけど最高の足になりそうだったグリーンメタリックのCDアコード ぐぬぬ


車は売る時のことを考慮した選び方を

車は売る時のことを考慮した選び方を  
車は高い買物のわりには買い替え頻度が高い商品です。
冷蔵庫を5年ごとに買い替える人はいないでしょうが、マイカーは5年程度で買い替える人が大勢います。
10年も乗れば、よく乗ったという感じです。
その理由は、比較的年式が新しいうちのほうが高く売れるからです。
年式が新しいほど性能も良くなっていますので、売ったお金を次の車の購入代金に充てて、常に性能の良いマイカーに乗る、というのは賢明な方法です。
選ぶ時に高く売れるかどうか、という点を考慮すれば、より賢明と言えるでしょう。
もちろんライフスタイルに合わせた選び方は重要です。
高く売れるからといって必要もないのに四輪駆動を選ぶ必要はありませんし、1~2人で街乗りしかしないのにミニバンを買う必要もありません。
乗りやすく、ライフスタイルに合った選び方をするのが基本です。
その上で、奇抜なカラーよりも無難な白やグレーにするとか、同じクラスなら最も人気があるメーカーの車種にするといった選び方をするのが理想です。

車を評価できるのはオーナーだけ。

国内には、国産、輸入を含めてたくさんの車が販売されています。
もしこれからご購入をお考えであったら、「この車ってどうなのだろう?」と気になりますよね。
深く気にすればするほどより専門的な面に突き当たってしまいますが、そこに落とし穴があります。
専門家や販売店の意見です。
知識や洞察力は素晴らしいかもしれませんが、短時間の試乗で評価を下すのはいささか無理があるというものです。
長期間乗らないと分からないのが事実でしょう。
なので、もしも専門家や販売店に欲しい車のオーナーがいれば、その評価はとても参考になります。
しかし、そういったケースは滅多にありませんので、実際乗っているオーナーを探してみましょう。
知り合い等でいないようであれば、インターネットで調べれば、オーナーの感想がたくさん出てきます。
彼らは長期に渡って乗り続けた上で意見を述べていますから、専門家でも分からない点を把握していることが多いのです。
オーナーだからこそ知っている情報は大変貴重な存在です。
ユーザー目線で見ていない専門家や販売店の発言は鵜呑みにしないほうがいいです。
車を本当に評価できるのはオーナーだけなのです。
良いところも悪いところも理解しています。
その中で共通した項目を複数見つけることができれば、それが本当の評価になるのです。


ページトップへ