廃車のふたつの区別

廃車のふたつの区別


新着情報

◎2017/10/12

廃車基準は走行距離で決める?
の情報を更新しました。

◎2017/6/12

廃車手続きの必要書類
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

再ニーズがあります
の情報を更新しました。

「車 オーナー」
に関連するツイート
Twitter

オーナー点滴 はJAFに cbrはバルブ切れた ご老体三連星や!! pic.twitter.com/XbQIbHRLu8

Twitterともき@てるてる教@RodoNA6

返信 リツイート 4分前

返信先:@fumi_photo 港区辺りを走ってると良くゴーストやレイス、たまにドーンを見かけますが、この手のに乗ってるオーナーはみんな若いイメージが^^; 逆にファントムは路駐してる事が多いので運転手をつけた社長が多いんでしょうね。 そしてベントレーはロールスロイスに比べて本当に見かけません笑

ん、マジかちょっと走行距離はかさんでるが状態良さそうなディーラー整備ワンオーナー物あるじゃん。でも何故かディーラー公式の中古ページに無い

Twitterふぉるごれ@ちなお前@folgore_MC

返信 リツイート 36分前

レーシングポイントF1チームは、その億万長者のオーナーであるローレンス・ストロール氏が高級メーカー/アストンマーティン社の買収と絡みアストンマーティンとしてブランド変更の可能性が浮上(その場合、カラーリングはグリーンに racefans.net/2019/12/05/ast…

返信先:@8739hanasaki まあ遠方とか気になるオーナーとエンカして話すってのもいいことではあるんすが、どっちかていうと最近は同種のオーナーでどんな感じでいじってるか気になるタイプです。 そういうのもあって 置きイベなんで参加しないんですか?て結構言われます笑 ツーリングとかは進んで参加します←

Twitterい ろ@12/18〜21鹿児島大分福岡の旅@9393AKANExCELIA

返信 リツイート 39分前

返信先:@zen206swxs まだアメリカの全盛期でしたよね😊 オーナーさんは、あの分厚いシートと猫足に惚れたのかもしれない…なんて考えます。 数年前に新東洋物のプジョー204が売りに出てました。 carsmeet.jp/2019/06/10/107… pic.twitter.com/LAkF7AsGmL

RT:MTペーパーのヘタレドライバーなので、お隣で体感したいばかり。 それに愛のポテンシャルを引き出せるのはやっぱりオーナーが一番だと思ってるので、乗せてもらえるほうがいいなぁ。

Twitter柚木しずは@(:q[メダカ育成中]@yunoki_shizuha

返信 リツイート 9:25

返信先:@m210017m そ、そうなんですか...広島にいる時焼肉屋に行った記憶がないです...。 そうなんですか!そん時オーナーさん触ってましたけど、遠目からでもなんか違う感凄かったっすw

初の愛をレストア! 24歳のオーナーとともに成長する1960年式オースチン・ヒーレー・スプライトMarkⅠ | トヨタ自動のクルマ情報サイト‐GAZOO gazoo.com/ilovecars/vehi… 自分で弄れるの強い

RT @1800_ZERO: 今日からセドリックオーナーです🙋 ずっと気になっててやっと乗れるようになりました‼️ 静かで走りも良くて感動でした💧 新しいでも皆さんよろしくお願いします🙇 pic.twitter.com/vwwRR7kyCV

Twitterブルーバードマキシマ(20)@pu11_maxima

返信 リツイート 8:46


車は売る時のことを考慮した選び方を

車は売る時のことを考慮した選び方を  
車は高い買物のわりには買い替え頻度が高い商品です。
冷蔵庫を5年ごとに買い替える人はいないでしょうが、マイカーは5年程度で買い替える人が大勢います。
10年も乗れば、よく乗ったという感じです。
その理由は、比較的年式が新しいうちのほうが高く売れるからです。
年式が新しいほど性能も良くなっていますので、売ったお金を次の車の購入代金に充てて、常に性能の良いマイカーに乗る、というのは賢明な方法です。
選ぶ時に高く売れるかどうか、という点を考慮すれば、より賢明と言えるでしょう。
もちろんライフスタイルに合わせた選び方は重要です。
高く売れるからといって必要もないのに四輪駆動を選ぶ必要はありませんし、1~2人で街乗りしかしないのにミニバンを買う必要もありません。
乗りやすく、ライフスタイルに合った選び方をするのが基本です。
その上で、奇抜なカラーよりも無難な白やグレーにするとか、同じクラスなら最も人気があるメーカーの車種にするといった選び方をするのが理想です。

車を評価できるのはオーナーだけ。

国内には、国産、輸入を含めてたくさんの車が販売されています。
もしこれからご購入をお考えであったら、「この車ってどうなのだろう?」と気になりますよね。
深く気にすればするほどより専門的な面に突き当たってしまいますが、そこに落とし穴があります。
専門家や販売店の意見です。
知識や洞察力は素晴らしいかもしれませんが、短時間の試乗で評価を下すのはいささか無理があるというものです。
長期間乗らないと分からないのが事実でしょう。
なので、もしも専門家や販売店に欲しい車のオーナーがいれば、その評価はとても参考になります。
しかし、そういったケースは滅多にありませんので、実際乗っているオーナーを探してみましょう。
知り合い等でいないようであれば、インターネットで調べれば、オーナーの感想がたくさん出てきます。
彼らは長期に渡って乗り続けた上で意見を述べていますから、専門家でも分からない点を把握していることが多いのです。
オーナーだからこそ知っている情報は大変貴重な存在です。
ユーザー目線で見ていない専門家や販売店の発言は鵜呑みにしないほうがいいです。
車を本当に評価できるのはオーナーだけなのです。
良いところも悪いところも理解しています。
その中で共通した項目を複数見つけることができれば、それが本当の評価になるのです。


ページトップへ